WORK。。。

以前紹介しました子供乗せ仕様の「WORK」、塗装上がりこんな感じなりましたー
フレームカラーはお客さんのご希望カラー。使い込んだ様も楽しみですご用命ありがとうございました。。


専用設計キャリアなので子供乗せは簡単に取り外し可能です。

勿論お買い物カゴもその都度取外しできますよー

子供乗せだけだとこんな感じ

何も無い状態。

当然またフラットの荷台に戻すことも可能です。色々とバリエーション増えそうですねー。
ではー

続・work,子供乗せ。。。

昨日の続きで雨の合間を見て、パッシャパッシャと。
全体図

全体図、後から

そして子供乗せを付けて

今回は子供乗せを低床位置にして、かつぺダリング時の踵とおねえちゃんの
ステップに乗せた足が当たらないように、注意して位置決め

既存の取付方では全く無いので、子供乗せの位置と全体のバランスを考えながら決定。

お約束のO沢さんのバックを乗せて、

Rキャリアに直接付けれるタイプのモノやアッタチメントもありますが、後荷台には振り分けバックを要取付の為、フレームマウント式の子供乗せを選択。

本日、今回のお声掛けて頂いたご家族3人勢揃いでご確認頂いて、ご希望のパーツを手配して完成です(おねえちゃん大はしゃぎ・お父さん指示だし大忙し、お母さんは冷静な感じで楽しかった~)。あともう少しお待ち下さい。
ではー

work。。。

先日の白workの荷台にカウンターBOXを装着。
以前にも収めさしてもらいましたが、改めてご紹介。
こんな感じです。
走行時

左右のパネルを開くと

スチールパイプで脚を取り付け

カウンター部の天板を開いて前方に

BOX中央部に仕込んでいるパネルを抜き取り

BOX中段に差込み

左右対称です

お店OPENの図


細部はこんな感じ



簡易でシンプル、軽量なスタンダートなカウンターBOXも考えたいと思いまーす。
ではー

引き続きミニベロ分割モデル

引き続きの作業で分割時に前セクションと後セクション
を重ねた時の位置決めと締結方法など+ヒッチ金具の
取り付け。今回のこの自転車が運ぶ荷物はなかなかの
重量物なので、冒険をしないパイプ径選択とがっちりと
した荷台、この荷台がヒッチやフレームの締結等々
役立ってくれる部分になりそうです。
では、写真を

バラバラにならないようにフォークとシートステーの連結金具と
ダウンチューブの受けをRキャリアに取り付け、ストラップ1本で
がっちり固定です。

スタンドプレートを付けてWレッグを付ければ分割時も自立します。

後タイヤの上に跳ね上がっているのがヒッチ金具。トレーラー
連結時は寝かします。連結部は今回素直にピロをチョイス。

フォークとステーの連結図

タイヤが互いにお猪口部を避けているので意外と薄型です。
重量物を想定したトレーラーを考えない場合はもっと薄型を狙えそうです。
(落ち着いたらSampleしてみます。スポーツミニベロのS&Sと輪行を
主眼とした折畳時のコンパクトS&Sモデル、2方向のモデルをTRY
したいですねー)
あともう少しお言い聞かせながら、作業を進めてまいります。
ではー

引き続きwork+S&S。。。

現在作業中のworkと分割フレームのS&Sとトレーラー。
手探りな作業なので一進一退な感じですが、ようやく
目処が立ってきた感じ、でもトレーラーはようやくヒッチ
部分に入りますので山場ですね~
では、また写真をツラツラっと

前キャリアにポールの差込みを取り付け

ポールはもちろん抜き差し可能で差込みだけです。

荷台が横に拡大したので、脚も追加。固定も高さ調整も
ウィングボルト・ナットで、工具無しで設営可能。

一応荷台前部分にも脚を取り付け可能にしときました。

Tシャツでもお野菜でも新巻でもなんでも色々とぶら下げ可能!

そして、ようやくトレーラー部分を着手

サイズ感はこんな感じ、workの荷台を一回り大きいサイズ、
タイヤは丁度14インチでナローハブが転がっていたのでこちらで。
でも安定供給は厳しそうなので、考えないと。

ホイルの差込み口はE.B.Sエンドを4枚投入。
本日もよい天気!また御知らせしまーす。
では。

WORK S&S 仕様

S&Sカップリング仕様のWORKのご紹介。
海の向こうからの注文でフレームサイズも
ノーマルから100mm程長くしたり、
フレームを分割出来るようにしたり、
O/Sの為「くるぴた」が付けれないのでステアリングダンパー?をいれたり、
後荷台をクイックで取外し出来るようにしたり、
前セクションと後セクションをフック出来るようにしたり、
センタースタンドも少し変えたり、

RearのDiscブレーキはチェーンステーの上に押し込んでいます。
Rエンドは通常エンド。

これで停車時のハンドルも安定、と走行面も少し貢献。

アメリカメイドのS&Sカップリング、よく出来た代モンです。

S&Sの小径車はよいかもです

分割時のフォークとメインフレームの連結ブラケット

うーむ、なかなかコンパクト。
車にも入れたいとの事で分割希望でした。
飛行機じゃ無くってよかったー

ストラップで締結してくれたらよりgood。

クイックレバーで後荷台は取外し可能。

前後二箇所止め為、外れ防止で便利なFrontエンド、
安心のシマノ横カムのクイックと爪付きエンド。

センタースタンドの調整部分は外パイプにしました。

そうそれと、このWORKサイズを大きくしたんで
TOPとDOWNの径も上げています。
シアトルの空の下でも元気に働いておくれ、です。
ではー

最終回・別注WorkBike

別注WorkBikeのお引渡しです。これから改良点等出てくるかも知れませんが、お気軽にお知らせ下さい。本当にお待たせしました~




完成後のWorkBikeとの初対面。


初乗車


工場のみなさんにご挨拶


ばいば~いの図


すこし不思議な感じ


くるくる回っているのを見ている図


またお店に寄って下さいね。ありがとうございました。では。